イソフラボンイメージ

イソフラボンで生理で起きる体調の変化を抑えたいです

イソフラボンはエストロゲンの減少を補ってくれる成分でして、特に女性にとってはうれしい栄養素になるかと思います。
なぜ、女性にとってうれしい栄養素なのかと言いますと、女性ホルモンのバランスを整えてくれる効果があるからなのです。
女性ホルモンは「美人ホルモン」とも呼ばれておりまして、エストロゲンが減少することによって起こる身体への影響を抑えてくれるのです。
エストロゲンが減少してしまいますとどうなってくるのかと言いますと、肌荒れが起きてしまったり、髪に栄養がとどかず抜け毛が増えたりパサパサしてしまったり、ほかにものぼせやすくなったりむくみやすくなったり、目眩が起こりやすくなったりと、良いことが起きません。
そのエストロゲンが減少するときはどのようなときなのかと言いますと、ストレスが溜まっているときや生理が始まったときなのです。
女性は毎月生理が始まります。
その生理によって、身体のバランスが崩れてしまう人は多いものです。
私の場合はイライラが始まり、そのイライラからいろいろと身体のバランスを崩してしまうことがよくありました。
どうしてイライラするのか分からなくて人に当たってしまうのですが、何かと集中することができなくなり、ストレスが溜まってきてしまうのです。
そのストレスによって肌荒れも起きて吹き出ものが出てきてしまいますし、目眩やのぼせなどもストレスが溜まってきていきますと起こしやすくなると、インターネットで調べて知りました。
とにかくイライラを抑えられるようにしなければ、生理になるたびに体調のバランスを崩してしまいますと生活などへの影響が出てくることもあります。
なので、その影響を出さないように栄養を摂取していこうということで私は豆乳を飲み始めました。
豆乳にはイソフラボンがたっぷりと含まれております私は特に生理になりますと、徐々に肌荒れが起きたり吹き出ものが出始めてきたりのぼせやすくなったりします。
少しずつ吹き出ものが出てきたりしますと「あ、生理前だ」ということが分かるほど、肌の変化が激しくなります。
肌荒れや吹き出ものが出てきてしまいますと化粧のノリも悪くなりますので、外に出るのが億劫に感じることもありました。
豆乳を飲むことで少しずつですが、生理前になっても激しく肌の変化が起こることが少なくなっていき、むくみやのぼせも抑えられてきたのです。
豆乳を飲み続けていくことで生理になっても肌の影響の変化が大きくならないようにしていきたいと思っております。

Copyright(C) 2014 美容と健康.com All Rights Reserved.