イソフラボンイメージ

女性らしい身体に導くイソフラボン

女性にとって、柔らかい肌のハリ・弾力をはじめ、髪の艶など、美に関する悩みは人それぞれで異なります。
私の場合、過剰過ぎるダイエットから、肌がカサカサとして弾力を無くしてしまい、さらに月経周期にも影響が出始めていました。
そんな状況になって初めて身体への危機感が襲い、インターネットを利用して色々と検索した結果、イソフラボンの摂取が大切だということにたどり着きました。
多少の知識は持っていたのですが、しっかり調べてみると、まだまだ私が知らないことが沢山あることに驚きました。
イソフラボンは、女性ホルモンのエストロゲンとよく似た働きをすることが挙げられていて、エストロゲンレセプターに対しての結合能力を発揮する点から、女性ホルモン同様の作用があると言われています。
この成分を多く持つ食材として知られているのが大豆です。
天然成分である大豆イソフラボンは、女性のデリケートな身体にやさしく作用するのが特徴で、穏やかに作用し、安心して摂取することができる成分なんです。
私の場合、過剰なダイエットにより、エストロゲンのバランスが崩れてしまっていて、肌やホルモンバランスにまで影響していましたし、さらにエストロゲンが減少してしまうと骨粗しょう症へのリスクも高まるとされていて、さらに危機感を感じるようになりました。
このエストロゲンの役目をイソフラボンが行ってくれるということで、さっそ大豆製品を摂取することにしました。
まず試してみたのが、大豆の水煮です。
気軽に手に入れることができるのが魅力ですし、料理の幅を広げることにも繋がると考え、国産の大豆の水煮や有機大豆の水煮などをサラダにプラスしたり、大豆煮にしてみたり、お料理のアクセントとして様々な調理を行って毎日大豆を摂取してみました。
私が利用していた水煮にはアグリコン換算で53mgの成分が摂取でき、日に日に肌艶が改善しているのが手の感触で分かりはじめていました。
さらに、納豆・豆腐・豆乳などの製品もプラスした食事に切り替えると肌に弾力が出てきて、1ヶ月続ける頃には髪にも艶がうまれていました。
さらに手軽にいつでも成分が摂取できるものとして、サプリメントもプラスすることにし、大豆抽出のイソフラボンにブラックコホッシュエキス・コラーゲン・ビタミン類もバランス良く配合されたサプリメントを選び、食事で摂取できない時に便利に利用しています。
飛び飛びだった月経周期も整いだし、女性らしい身体に改善されてきていることが嬉しいです。

Copyright(C) 2014 美容と健康.com All Rights Reserved.