イソフラボンイメージ

イソフラボンの美容効果

しばしば雑誌やテレビなどで、大豆イソフラボンは美容に効果がある、という文言を耳にしますね。
私もそう耳にしたとき、イソフラボンを摂取することで美容を手に入れることができるなら、と飛びつきました。
私の美容の悩みといえば、貧乳ということです。
母は人並みに胸が大きく(今は50代ということもあり、その分垂れてもいますが…)、姉だって人並み程度の大きさはありました。
裸で家の中を歩くから、嫌でも目に入ってしまうのです。
なのに私と来たら、多少の膨らみはあるものの、一応胸ですけど、という程度。
父方の母がぺったんこなので、そっちが遺伝したのかもねーなどと言われました。
ショックでした。
バストアップには、イソフラボンが良い、摂取することで女性ホルモンの活性化を促してくれると聞き、スーパーに走りました。
効率的に摂取できるのは、やはり豆乳でしょうか。
今まで豆乳なんて飲んだことがありませんでした。
恐る恐る、調整豆乳を購入。
飲んでみると、なんだか舌触りがざらざらして、うーん。
あまりおいしくないという感想でした。
これは続けられるかなと危惧しましたが、これで胸が大きくなるなら。
思い切って1リットルサイズの調整豆乳を購入。
ココアに入れたりして頑張って飲みました。
ですが、無調整豆乳の方がバストアップには効果がある、ということを後から知りました。
より効果が高い方を、と無調整豆乳を購入。
これはかなり辛い、飲めない…。
独特な味でした。
子供の頃から飲んでいれば、問題なかったのでしょうか。
無調整豆乳を飲むことは諦め、豆乳ココアや黒ごまきなこ豆乳など、豆乳ブームは続きました。
今では、豆乳に最初からフレーバーがついているものが主流で手軽、種類も豊富ですね。
きなこ、紅茶、コーヒー、バナナ、抹茶、焼き芋味まで、いろんな種類があり、飽きることなく飲み続けられました。
豆乳を飲むことで、美容効果はさまざま。
肌の脂が少なくなった、などという感想を聞いたことがあります。
確かに私も脂性肌なのですが、豆乳を飲んでいた期間は肌がしっとり、さっぱりした気がしました。
また、お通じなどにも効果がありますよね。
もともと便秘に悩んだことはなかったですが、今まで以上に調子がよかったです。
ですが、私が一番期待した、バストアップには効果はほとんど見られず…経費もかかるので辞めてしまいました。
遺伝、体質だと思って諦めています。
けれどもイソフラボンも上手に摂取すれば体に良いものです。
気が向いたら、豆乳を買ったり、カフェでのドリンクを豆乳アレンジにしてもらったりして楽しんでいます。

Copyright(C) 2014 美容と健康.com All Rights Reserved.