イソフラボンイメージ

イソフラボンは、サプリで摂っても効果あり

女性の美容や、加齢による体調の変化に、イソフラボンがいいというのは以前から聞いて知っていました。
ところが、イソフラボンを含んでいる納豆や豆腐。
豆乳といった大豆製品全般がとても苦手なわたし。
食事からイソフラボンを摂るのはむずかしいなと思っていました。
また、何となく、栄養素はサプリよりも自然の食品から摂ったほうが理想的というイメージがあったのですが、年々肌や髪のツヤがなくなって、月経前症候群もひどく、生理前になるとイライラして過食したり、家族に当たってしまったりすることも増えて来て、イソフラボンの摂取の必要をとても感じるようになりました。
しかし、少しでも摂取しようと、豆乳でココアやクリームシチューを作ったりして努力はするものの、長続き出来ず、やはりサプリを利用してみようかと思っていたところ、美容おたくの友人から、「サプリは上手に使えば大丈夫」とのアドバイスをもらいました。
摂取量を守って、吸収率のいい、質のよい、信頼できる会社のサプリを使えば、徐々に肌も体調も変わっていくとのこと。
その友人からすすめられたのが、DHCの「大豆イソフラボン」でした。
よくCMでも見て知っている会社でしたし、近所のスーパーやドラッグストアでも気軽に買えるのがいいと思い、早速試してみました。
1日2粒だけ飲めばいいというのもうれしく、価格も手ごろ(1か月で850円)。
これなら続けられると思いました。
飲み始めて1週間ほど経った頃、なんとなく肌のツヤがよくなっているのがわかり、うれしくなったのを覚えています。
それからさらに神経が安定し、ストレスを感じることも少なくなり、あの嫌な生理前のイライラも格段に和らぎました。
家族から「穏やかになったわね」と言われて、やっぱり効果があったと実感しました。
そしてもっともうれしかったのが、長年の生理痛が軽減したことです。
わたしは中学生の頃から生理痛持ちで、市販の鎮痛薬を飲まないといられなかったのですが、このサプリを摂るようになってから、薬なしでも生理期間を過ごせるようになったのです。
要らない薬を飲まなくてもいいというのは気分的にも楽で、本当にありがたいことでした。
姉もわたしの変化を見て、更年期対策に飲み始めました。
サプリだからといってやたらと敬遠せず、自分に必要な成分であれば、積極的に摂ることが大事だと、今回のことで大変実感できました。
これからも続けていきたいと思います。

Copyright(C) 2014 美容と健康.com All Rights Reserved.